あめのひ

くるまではしるときにあめがふっていると、ちょっとめんどうです。ふろんとがらすがみえにくくて、わいぱーでしっかりふいてもつぎからつぎへとあまつぶがつくからめんどうです。くるまのてんけんからかえってきたくるまはでぃーらーがそうじやせんしゃをしてくれるので、フロントガラスがあめをはじくようにしてくれています。これがもつのは3かげつくらいです。そのあとはいつもどおりになります。じこをおこすときけなんので、スピードは控えめにはしっています。そうすると、うしろのくるまもゆっくりしたスピードになるので、渋滞ができやすくなるとおもいます。しょうがないけど事故を起こすことをおもえばしかたがないです。クルマに乗るまでも大変です。あめがふっていたら、玄関からくるまがあるところまでダッシュで走ります。かさをいっかいいっかいさしていたらめんどうだから、みじかいきょりははしることにします。あめのひはあまり外出したくなくて、ぬれないクルマでもやっぱり面倒ですね。だから、あめのひじゃなくて、晴れの日にくるまをつかうようにしています。そのくるまももうすぐ車検です。買い換えたいので車買取を有田市でやってもらうよていです。いいねだんがつくといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です